検索
  • 山本省三

あやんかやんく

この謎の言葉は、実家のふすまにあった4つ年上の姉の落書き。


何か意味があるのか聞きそびれたまま、姉も亡くなり、実家ももうありません。


もしかしたら、姉が読んでいた童話か漫画の中に出てきた呪文なのものかもと、ネットで調べましたがヒットなし。


でも時々ふと思い出し、困ったときなど心の中でつぶやくことがあります。


するとなぜか気持ちが少し楽になるのが不思議。


呪文ならば、謎のままの方が効き目、ありそうですね。


3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示