検索
  • 山本省三

愛しのカツ丼

なぜか、時々、無性にカツ丼が食べたくなります。


そしていつも迷うのが、豚カツ専門店と普通の食堂のどちらに行くかです。

専門店の方がカツの質が良さそうですが、せっかくの揚げたてを煮てしまっていいのか、作り手に失礼かもと思ってしまうのです。


でもこの悩み、解決しました。

自動フライヤーを導入したトンカツ店があちこちに出来、そこのカツ丼が専門店に負けないウマさなのです。

気兼ねなく注文でき、値段も手ごろといいことずくめです。



5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示