検索
  • 山本省三

消えた3D

オンラインでのやり取りで思ったのが、3Dだったら、もっとリアルなのにということ。


少し前に3Dのテレビが発売され、けっこう盛り上がっていましたよね。


映画館では体感も加わる4Dでの公開がありました。


ゲームの中ではVRとして生き残っているようですが、いつの間にか下火に。


3Dの波って、すでに何度も繰り返されていて、そのたびに失敗。

実はヒッチコックの『ダイヤルMを廻せ』(1954)も立体映画として公開されたとのこと。


7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示