検索
  • 山本省三

蛍と廃墟

友人から、そろそろ蛍が飛び始めたとLINEが来ました。


結婚前まで住んでいた家の近くには、小川が流れ蛍の飛び交う集落がありました。


「蛍の里」と名付けられ、市でも観光資源として力を入れているようでした。


ところが十年ほど前、両親の墓参りの際に立ち寄ると集落は廃墟となり、蔦や草に覆われていました。宅地開発で立ち退いたのですが、計画がとん挫したとのこと。


昼なので蛍は確認できませんでしたが、小川は変わらず流れていました。


16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示