検索
  • 山本省三

さるすべりのがんばり

朝の日課のウオーキングに出かけると、満開のサルスベリをあちこちで見かけます。


その名の通り、幹には表皮がないように見え、木登りするにはすべりやすそうです。


長女は幼いころ、この名が言いにくいらしく、いつも「サルスルベリ」と発音していました。

その方が大人には難しそうですが。


漢字で書くと百日紅。


夏の花なのでしょうが、百日を超えてもまだまだがんばって、主流の紅のほかピンク、うす紫の花が、目を楽しませてくれています。


11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示